森のマルシェ柳川店がオープンしました

画像

2月中のオープン予定となっていた森のマルシェ柳川店が2月末日となる本日、ハレクロスタワーの1階にオープンしました。

店舗面積はかなり狭めでコンビニの倍程度です。特に通路が狭く他のお客さんとすれ違うのが大変です。子連れでベビーカーとか押してると苦労しそうです。品揃えは生鮮食品から惣菜、弁当、手作りパンにお酒や生活雑貨まで大体のものはそろっていますが、内容量や種類、メーカーのバリエーションはかなり控えめです。特に生活雑貨の品揃えはコンビニレベルです。

お弁当や惣菜、既製パン、手作りパンは売り場面積が狭く品揃えは多くありません。おそらくコンビニより少ないです。値段はオープン特価で安めのものもありますが、郊外店と比べれば価格設定は高めです。ざっと見渡した限りでは、例えば高級食材や調味料などといった東京の都市型スーパーのような特徴も見られませんでした。

まあ、立地だけが取り柄ですね。使えるポイントカードもローカルなたまルンカードだけですし。


なお、同じく両備グループが経営していたシンフォニービル1階のフレッシュマルシェ シンフォニー店は、本店の開店に合わせて2月24日付で閉店となりました。跡地にはコンビニのローソンが入居するようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
ー河端法律事務所についてー

 当事務所では、ご相談・打合せの際に、できる限り丁寧でわかりやすい説明を心がけており、依頼者の方のご希望にも添いながら、事件の解決に必要となる費用・期間やリスク、それにより得られる経済的利益のバランスを考えた、法律専門家としての最善のアドバイスができるように努めています。初回のご相談の際は、十分にご事情をお伺いした上で回答ができるよう、可能な限り2時間程度の相談時間を確保しています。また、弁護士費用については、不明朗な追加費用や預り金が発生することのないよう適切な見積もりと精算を行っています。

 取り扱いが難しい事件への対応など都市部での弁護士アクセスを改善するため設立された都市型公設事務所と、弁護士がほとんどいない過疎地での弁護士アクセスを改善するために設立されたひまわり基金法律事務所で合計8年間勤務して得た多種・多様な経験と知識を活かして業務に取り組んでいます。

 そのため、様々な分野について豊富な経験と実績がありますが、特に自己破産・個人再生などの債務整理事件、建築・不動産に関する事件、製造物責任・消費者契約に関する事件、遺言・相続に関する事件に注力しています。

 また、消費者法の分野については、内閣総理大臣認定適格消費者団体消費者ネットおかやまの検討委員会委員長や、岡山大学法科大学院(ロースクール)非常勤講師として、学術的・ボランティア的な活動も行っています。

 法的紛争の解決や予防でお悩みの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。講師・講演のご依頼もお受けしています。