アパホテル新館とホテルリブマックス岡山

画像
新館が増築され、タワーパーキングができたアパホテルです。新館の土地は以前は駐車場でした。
画像
こちらは旧本館側です。旧本館の改修も検討されているようです。
画像
ホテルリブマックス岡山の外観です。ここも以前は駐車場でした。
画像
ホテルリブマックス岡山の周辺の状況です。西側沿いの立地です。

ICOTNICOT(旧ドレミの街)のホテルアベストグランデ岡山、建設中のホテルリブマックス岡山西口、スーパーホテル岡山駅前(仮)については既に当ブログでも書いていますが、岡山市内では他にも2018年11月19日に下石井でアパホテル新館が、同年12月15日に錦町でホテルリブマックス岡山がオープンしています。

アパホテル新館は地上7階、全149室の規模で露天風呂・大浴場が設置されており、ホテルリブマックス岡山は地上9階、全89室の規模となります。いずれのホテルも岡山駅から徒歩約8分程度の好立地となっています。

岡山駅周辺では昨年からホテルの新設が相次いでおり、駅から遠く設備の古いホテルは苦戦を強いられているところで、宿泊料の相場も下落傾向にあるようです。以上に加えて、岡山ビブレ跡地や駅前町・野田屋町の再開発地区などでホテルの新設が計画されているところで、今後の岡山のホテル動向が気になるところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
ー河端法律事務所についてー

 当事務所では、ご相談・打合せの際に、できる限り丁寧でわかりやすい説明を心がけており、依頼者の方のご希望にも添いながら、事件の解決に必要となる費用・期間やリスク、それにより得られる経済的利益のバランスを考えた、法律専門家としての最善のアドバイスができるように努めています。初回のご相談の際は、十分にご事情をお伺いした上で回答ができるよう、可能な限り2時間程度の相談時間を確保しています。また、弁護士費用については、不明朗な追加費用や預り金が発生することのないよう適切な見積もりと精算を行っています。

 取り扱いが難しい事件への対応など都市部での弁護士アクセスを改善するため設立された都市型公設事務所と、弁護士がほとんどいない過疎地での弁護士アクセスを改善するために設立されたひまわり基金法律事務所で合計8年間勤務して得た多種・多様な経験と知識を活かして業務に取り組んでいます。

 そのため、様々な分野について豊富な経験と実績がありますが、特に自己破産・個人再生などの債務整理事件、建築・不動産に関する事件、製造物責任・消費者契約に関する事件、遺言・相続に関する事件に注力しています。

 また、消費者法の分野については、内閣総理大臣認定適格消費者団体消費者ネットおかやまの検討委員会委員長や、岡山大学法科大学院(ロースクール)非常勤講師として、学術的・ボランティア的な活動も行っています。

 法的紛争の解決や予防でお悩みの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。講師・講演のご依頼もお受けしています。