岡山駅東口広場への路面電車乗り入れとさんすて岡山の改装工事

大体この辺りに路面電車の乗り場ができる予定です。乗り場は後楽園の「流店」という建物を意識したものとなるようです。 岡山市は2019年5月24日、JR岡山駅東口広場へ路面電車を乗り入れる際のデザインを正式決定しました。新しい広場のデザインは後楽園をイメージしたものとなり、概算工事費は43億円で、完成目標年度は2022年度中となります。 現在は北側に一般車の乗降場が、南側にタクシーの…

続きを読む

岡山地方法務合同庁舎の建て替え工事

岡山地方検察庁などが裁判所の西隣に移転してから利用されていなかった岡山地方法務合同庁舎ですが、地上6階建ての新庁舎に建て替えられることになったようです。まだ詳細は不明ですが、北隣にある地方法務局が移転してくるのではないかと予想されます。

続きを読む

岡山市の再開発などまとめ(2019年4月現在)

現在岡山市内で計画されている再開発などをまとめると以下のとおりとなります。 ・蕃山町1番地区(2020年度着工→2023年度竣工) ・駅前町1丁目2番3番4番地区(2022年度着工→2025年度竣工) ・岡山ビブレ跡地(着工済み→2021年度以降開業) ・イトーヨーカドー岡山店跡地(着工済み→2021年度1期部分開業) ・野田屋町地区(2021年度着工→2024年度竣工) ・千日…

続きを読む

ハレクロスタワー公開空地のたま神社について

たま神社正面から。 たま神社全景。 公開空地から柳川交差点方面を撮影。 和歌山県紀の川市にある和歌山電鉄貴志川線貴志駅で駅長を務めた雌の三毛猫の「たま」を祭った神社が、この度竣工したハレクロスタワー(グレースタワーIII)の公開空地上にオープンしています。貴志駅にある「たま」神社の分社という取り扱いのようです。 ハレクロスタワーの4階には誰でも自由に入ることができる公開空地があり…

続きを読む

蕃山町1番地区の再開発案が承認されました

今回再開発案が承認された蕃山町1番地区の全景です 南側からの写真です。柳川交差点北東角の場所になります。 北側からの写真です。 東側からの写真です。 2019年3月20日に開催された岡山市都市計画審議会で、岡山市北区蕃山町1番地区で予定されている市街地再開発事業の案が承認されました。 柳川交差点北東角に当たる約2800平方メートルの敷地に、18階建ての高層棟と6階建ての低層棟か…

続きを読む

アパホテル新館とホテルリブマックス岡山

新館が増築され、タワーパーキングができたアパホテルです。新館の土地は以前は駐車場でした。 こちらは旧本館側です。旧本館の改修も検討されているようです。 ホテルリブマックス岡山の外観です。ここも以前は駐車場でした。 ホテルリブマックス岡山の周辺の状況です。西側沿いの立地です。 ICOTNICOT(旧ドレミの街)のホテルアベストグランデ岡山、建設中のホテルリブマックス岡山西口、スーパーホ…

続きを読む

岡山市北区桑田町にスーパーホテルが、駅元町にホテルリブマックス岡山西口が建設中です。

ホテルリブマックス岡山西口の建設予定地です。ホテルリブマックス岡山と同じく大和ハウスの施工となっています。 ホテルリブマックス岡山西口の周辺の様子です。建設予定地は以前は駐車場でした。 現在、岡山市北区駅元町でホテルリブマックス岡山西口の建設工事が進められています。岡山国際交流センターの一つ南の区画となります。既に同ホテルの公式サイト上でも2019年10月25日オープンの予定で発表・掲載…

続きを読む

森のマルシェ柳川店がオープンしました

2月中のオープン予定となっていた森のマルシェ柳川店が2月末日となる本日、ハレクロスタワーの1階にオープンしました。 店舗面積はかなり狭めでコンビニの倍程度です。特に通路が狭く他のお客さんとすれ違うのが大変です。子連れでベビーカーとか押してると苦労しそうです。品揃えは生鮮食品から惣菜、弁当、手作りパンにお酒や生活雑貨まで大体のものはそろっていますが、内容量や種類、メーカーのバリエーション…

続きを読む

建設が進む岡山南環状道路の現況

大福保育園から瀬戸大橋線の線路までの区間です。 大福保育園から北側の区間です。 瀬戸大橋線の南側の区間です。 岡山市南区藤田の農道から北方向です。 ようやく本格的な建設が開始された岡山南環状道路では、地盤改良工事や高架の橋梁部分の建設が進められています。写真の様子からすると、瀬戸大橋線の線路や大福保育園北側の道路などは高架で越える形になるようですが、肝心の大樋橋西交差点から県道児島線…

続きを読む

下石井町に新しいホテルが建設中です

岡山市北区下石井1丁目にある日本生命岡山ビルの裏467平方メートルの敷地で、現在、ホテルを核とする複合ビルの建設が進められています。 複合ビルは、1階がコンビニ、2・3階がレンタルオフィス、4階以上がホテルとなる予定で、入居するホテルはホテルトレンドとなるようです。既にホテルトレンドのホームページ上には、ホテルトレンド岡山駅前(仮称)2019年夏季オープン予定との記載があります。 …

続きを読む

森のマルシェ柳川店と川崎病院の解体

内装工事や什器備品の設置作業が進められています。 既にMORIのMARCHEという看板が設置されています。 2019年1月11日に竣工した両備グレースタワーIII(ハレクロスタワー)ですが、1階の店舗については開店が同時とはならず遅れていたものの、2019年2月中に両備ストア 森のマルシェ柳川店として開店することが決まったようです。 この周辺は柳川いちばやフレッシュマルシェ、ら・む…

続きを読む

岡山ジョイポリス閉店とイトーヨーカドー跡地

ゲームセンターの岡山ジョイポリスやボーリング場の両備ボールなどが入居するジョイフルタウン岡山のアネックス棟が、2018年9月2日をもって閉鎖となりました。11月6日から解体工事が始まっています。 アネックス棟は鉄骨3階延床面積9,700平方メートルの規模で、イトーヨーカドー岡山店とともにジョイフルタウン岡山の核施設として1998年にオープンしましたが、隣のイトーヨーカドーが2017年に閉店…

続きを読む

山陽放送(RSK)の新本社の建設が始まりました

2018年12月19日、旧後楽館中・高校跡地で山陽放送の新本社の起工式が行われました。この本社には、同社のスタジオやホールだけではなく、250人収容の能舞台のあるホールやオープンカフェなども開設される予定で、2020年初夏の竣工予定となっています(同社の業務開始は2021年を予定)。 総事業費は約150億円で、5439平方メートルの敷地に鉄骨鉄筋造の地上5階・地下1階、延床面積11,000…

続きを読む

岡山市役所の建て替え

2018年10月23日に、岡山市は、岡山市北区大供にある市役所本庁舎を建て替える方針を明らかにしています。新庁舎は地上19階・地下2階の規模となることが検討されており、現在の本庁舎の東にある分庁舎についても統合する可能性が高いということです(その場合は分庁舎の敷地は売却となるようです)。 概算工事費は約243億円で、市営鹿田町駐車場と大供公園のある場所を敷地として2025年度中の完成を目処…

続きを読む

イオン岡山店跡地にイオンスタイルが出店するようです

イオンモール岡山の開店に合わせて2014年9月30日に閉店となった青江の旧イオン岡山店の敷地は、建物が取り壊されて更地となった後、再利用の計画も発表されず、しばらくそのままになっていましたが、2019年夏ころの開業予定でイオンスタイルが出店することになったようです。 山陽マルナカを核としたショッピングセンターの開業も噂されていましたが、現在イオングループではイオンブランドへの統一化…

続きを読む

ドレミの街が2018年12月7日にICOTNICOTとしてリニューアルオープン

上の写真は旧ドレミの街(新名称:ICOTNICOT)の北西側角です。ドレミの街のころに比べるとさすがにキレイになりますね。 ICOTNICOTは、6階・7階部分に入居するホテル アベスト グランデ岡山とともに12月7日金曜日にオープンすることがほぼ決定しています。当初のオープン時期は2018年春、その後、11月となっていましたが、近年の全国的な建設市況の活況や7月の集中豪雨で遅れたものと思…

続きを読む

3丁目劇場跡地一体の再開発計画が発表されました。

一時は岡山市民会館の移転先としても名乗りを上げた、旧3丁目劇場の建物がある表町3丁目地区の市街地再開発事業ですが、2018年7月4日、再開発準備組合は、マンションの建築や再開発事業を手がける株式会社フージャースコーポレーションと複合ビルの建設協定を締結したことを発表しました。 計画では、劇場跡地を含む約2700平方メートルの敷地上に、地上24階地下1階、延床面積約23000平方メー…

続きを読む

天満屋ハピータウン岡南店駐車場にカインズホームが2019年夏に開店予定

2018年4月24日、株式会社天満屋ストアは、天満屋ハピータウン岡南店東側駐車場を株式会社カインズホームに賃貸し、2019年夏に同社のホームセンターを開店する計画を発表しました。 カインズホームは中四国地方では現在、岡山、広島、鳥取に各1店舗ずつあるだけですが、全国的には関東地方を中心に200店以上を出店している大手ホームセンターで自社ブランド製品などに定評があります。 同地で今年6月~9月…

続きを読む

オレンジホールと問屋町テラス

1枚目の写真は、2017年6月末で閉館し、今年1月から解体工事が始まっていた岡山市北区問屋町の総合展示場オレンジホールの跡地の現在の様子です。 2017年12月14日に、天満屋などのグループが住宅展示場と商業店舗の複合施設「問屋町テラス」を今年10月に開業することが発表されており、5月から建設工事が始まっています。 ハウスメーカー9社がモデルハウスを設置するほか、物販や飲食などのテナント…

続きを読む

建設の進む岡山環状道路・岡山環状南道路(2)

2017年2月23日にも当ブログで取り上げた(http://kawabata-law.at.webry.info/201702/article_1.html)岡山環状南道路ですが、現在の状況を確認してきました。 こちらは大樋橋西交差点側で、1枚目の写真は県道児島線の1本南の道から北方向を、2枚目の写真は同じく南方向を、3枚目の写真は大福保育園の北側付近の道から北方向をそれぞれ撮影し…

続きを読む

ドレミの街のリニューアルについて

過去に当ブログでも取り上げた(http://kawabata-law.at.webry.info/201609/article_3.html)ドレミの街のリニューアルですが、ようやく外装が見えてきました。上の写真が現在の状況で、下の写真が2016年9月ころの写真となります(だいぶ現代的な外観になりましたね)。なお、6階以上はホテルアベスト系のホテルとなるようです。 2018年春オープン…

続きを読む

両備グレースタワーIII(ハレクロスタワー)について。

当ブログでも以前に取り上げた中山下一丁目1番地区再開発事業(http://kawabata-law.at.webry.info/201507/article_3.html)ですが、核施設であるグレースタワーIII(21階建て、高さ約73メートル)の交差点側の足場が取れ、完成が近づいてきました。予定では2018年12月竣工となっています。 今後、岡山市中心部では、2018年春にドレミの街のリ…

続きを読む

旧岡山ビブレ跡の再開発計画について。

ストライプインターナショナル、両備グループ、源吉兆庵ホールディングスの3社は、2018年2月26日、イオンリテールから約55億円で旧岡山ビブレ2棟を共同で取得したことを発表しました。 ストライプインターナショナル(旧クロスカンパニー)は、敷地北側部分(約2,500平方メートル)に10階建て程度のビルを建設し、1、2階にアパレルなどの物販や飲食店舗、3~5階に同社本社、6階以上にホテルな…

続きを読む

イトーヨーカドー岡山店跡の再開発計画について

両備グループが2017年12月25日に発表したところによると、イトーヨーカドー岡山店跡の再開発計画は、高層マンションやオフィス棟、店舗棟など5棟のビルが整備されるものとなるようです。近年は総合スーパーが全般的に不振の上にイオンモール岡山もありますので、そのまま同業態ということにはならなかったようです。 事業名は「杜の街づくりプロジェクト(仮称)」、ジョイフルタウン岡山の敷地約38,000平…

続きを読む

岡ビルの建て替え計画。野田屋町地区再開発について。

1951年に開業した生鮮食料品店で有名な岡ビル百貨店を含めた野田屋町地区再開発事業ですが、マンションとホテルを核とする複合ビルが建設されることになったようです。 事業協力者が三菱地所レジデンスとゼネコンのフジタで、総事業費が約142億円、2021年度の着工、2024年度の完成が予定されています。 再開発にかかる敷地面積は約7,000平方メートルで、19階建てのマンション、12階建てのホテ…

続きを読む

岡山市内の大規模建築物の耐震性について

2013年に施工された耐震改修促進法により、1981年5月以前の旧耐震基準で建設された一定規模以上の建物については、耐震診断を行って結果を市などに報告し、かつ公表することが義務づけられていました。 岡山市でも、2017年3月22日に上記耐震診断の結果の公表が行われています。 これによると、構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性の評価の結果の数値が、震度6強から7程度の地震が起きた場…

続きを読む

旧イオン岡山店(青江)跡地、天満屋第2駐車場、岡山環状南道路について

解体工事の行われていた旧イオン岡山店跡地ですが、現在は建設工事が始まっています。噂では山陽マルナカを核としたショッピングモールができるようです。青江周辺には目立ったスーパーがありませんでしたから、便利になりますね。 天満屋岡山店の第2駐車場はタワーパーキングでしたが、解体されて平面駐車場になりました。タワーパーキングが3棟ほど並んでいたころと比較すると、収容台数が大幅に減るので繁忙期などは…

続きを読む

岡山一番街のGENERAL FARM'S さんすて岡山店が閉店

岡山一番街のレストランエリア、キッチンランウェイの最大規模かつ中核店舗だったGENERAL FARM'Sさんすて岡山店が、2017年5月31日付をもって閉店したことが分かりました。 GENERAL FARM'Sは当ブログの記事(http://kawabata-law.at.webry.info/201411/article_4.html)にもあるように、同年開業のイオンモール岡山に対抗…

続きを読む

旧イオン岡山店跡地(青江)と両備ボウル跡地(桑田町)について

写真は旧イオン岡山店跡地の現在の様子ですが、建物の解体作業が行われている最中となっています。イオンからは跡地の利用について正式な発表は今のところありませんが、何らかの活用策が決まったのかもしれません。立地は交通量の多い国道30号線沿いで、周辺は岡山赤十字病院や商業施設などが集積していて人口も少なくない一方、近場にこれといったショッピングモールやスーパーがありませんから、集客には困らないと思うので…

続きを読む

建設の進む岡山環状道路・岡山環状南道路

上の写真は、国道180号線と国道2号線が交差する大樋橋西交差点を県道児島線を挟んでもう1本南の道路から撮影したものです。大樋橋西交差点から南にかけては、現在、岡山環状南道路の着工に向けた整備が進んでおり、用地の取得や建物の取り壊しがかなり進んでいます。 大樋橋西交差点から南方向は、国道2号・180号バイパスと大福や妹尾方面の住宅街・国道30号線からの自動車で、朝夕のラッシュ時は特に混雑…

続きを読む

ー河端法律事務所についてー

 当事務所では、ご相談・打合せの際に、できる限り丁寧でわかりやすい説明を心がけており、依頼者の方のご希望にも添いながら、事件の解決に必要となる費用・期間やリスク、それにより得られる経済的利益のバランスを考えた、法律専門家としての最善のアドバイスができるように努めています。初回のご相談の際は、十分にご事情をお伺いした上で回答ができるよう、可能な限り2時間程度の相談時間を確保しています。また、弁護士費用については、不明朗な追加費用や預り金が発生することのないよう適切な見積もりと精算を行っています。

 取り扱いが難しい事件への対応など都市部での弁護士アクセスを改善するため設立された都市型公設事務所と、弁護士がほとんどいない過疎地での弁護士アクセスを改善するために設立されたひまわり基金法律事務所で合計8年間勤務して得た多種・多様な経験と知識を活かして業務に取り組んでいます。

 そのため、様々な分野について豊富な経験と実績がありますが、特に自己破産・個人再生などの債務整理事件、建築・不動産に関する事件、製造物責任・消費者契約に関する事件、遺言・相続に関する事件に注力しています。

 また、消費者法の分野については、内閣総理大臣認定適格消費者団体消費者ネットおかやまの検討委員会委員長や、岡山大学法科大学院(ロースクール)非常勤講師として、学術的・ボランティア的な活動も行っています。

 法的紛争の解決や予防でお悩みの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。講師・講演のご依頼もお受けしています。