アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
岡山の弁護士河端武史のブログ
ブログ紹介
岡山市で弁護士事務所を開業しています。岡山市の再開発情報や不動産・建築関連の法律・裁判例情報、便利グッズの情報などについて書いています。


 当事務所では、事業者の方や企業・団体の法務顧問、借金・債務整理(自己破産・個人再生)、不動産・登記・建築請負に関する事件、遺留分減殺請求・遺産分割・相続放棄など遺産に関する事件、債権回収、交通事故、製造物責任が問題となる事件を中心に取り扱っています。
 講師・講演などのご依頼もお受けしています。

 弁護士として多数の実績があるだけでなく、司法書士・マンション管理士の資格を有しており、経験豊富で専門性のある法律事務所として開業以来多くの方にご利用いただいています。ご相談やご依頼をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。


〜↓当事務所の詳細はホームページをご覧ください〜
(http://www7b.biglobe.ne.jp/~kawabata-lo/index.html)
zoom RSS

岡山市の再開発などまとめ(2019年4月現在)

2019/04/11 11:35
現在岡山市内で計画されている再開発などをまとめると以下のとおりとなります。

・蕃山町1番地区(2020年度着工→2023年度竣工)
・駅前町1丁目2番3番4番地区(2022年度着工→2025年度竣工)
・岡山ビブレ跡地(着工済み→2021年度以降開業)
・イトーヨーカドー岡山店跡地(着工済み→2021年度1期部分開業)
・野田屋町地区(2021年度着工→2024年度竣工)
・千日前地区(着工済み→2022年3月までに竣工)
・表町3丁目地区(2022年度着工→2024年度竣工)
・RSK新本社ビル(着工済み→2020年初夏竣工)
・さんすて岡山リニューアル(一部着工済み→2020年秋全面開業)
・岡山市役所建て替え(2025年度竣工予定)

蕃山町1番地区は柳川交差点北東角、駅前町1丁目地区は旧三好野本店付近、イトーヨーカドー岡山店跡地は杜の街プロジェクトの愛称でジョイポリス跡地なども含めて3期まで予定、野田屋町地区は岡ビル百貨店の場所、千日前地区は新市民会館を含み、表町3丁目地区は旧三丁目劇場付近、RSK新本社ビルは旧後楽館中・高校跡地です。

他に駅元町11番地区(ヴィアイン岡山南側)、天神町10番地区(オリエント美術館の南)、野田屋町(グロップ岡山駅前オフィス付近)、表町1丁目(ライオンズタワーの西)、表町3丁目(川崎病院の南)で再開発が計画中、旧川崎病院跡地には川崎学園による岡山キャンパスの建設が計画されています。

これらが全て実現すれば2020年代に岡山市中心街も大きく様変わりすることになりますが、着工済みのところはともかくとして、2021年度以降に着工が予定されている計画は東京オリンピック開催後の景気動向により中止となる可能性も十分ありますので、あまり期待しない方が良いかもしれません。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハレクロスタワー公開空地のたま神社について

2019/03/27 15:12
画像
たま神社正面から。
画像
たま神社全景。
画像
公開空地から柳川交差点方面を撮影。

和歌山県紀の川市にある和歌山電鉄貴志川線貴志駅で駅長を務めた雌の三毛猫の「たま」を祭った神社が、この度竣工したハレクロスタワー(グレースタワーIII)の公開空地上にオープンしています。貴志駅にある「たま」神社の分社という取り扱いのようです。

ハレクロスタワーの4階には誰でも自由に入ることができる公開空地があり、ビル正面向かって右手にあるエレベーターで行くことができるようになっていますが、「たま」神社の分社はそこに設置されています。公開空地とは言いますが、神社と滑り台のある複合遊具とベンチがあるだけのかなり小規模なスペースです。

まあ、本家貴志駅はともかく、こちらは無理に行くまでの価値はないと思います・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


蕃山町1番地区の再開発案が承認されました

2019/03/22 16:18
画像
今回再開発案が承認された蕃山町1番地区の全景です
画像
南側からの写真です。柳川交差点北東角の場所になります。
画像
北側からの写真です。
画像
東側からの写真です。

2019年3月20日に開催された岡山市都市計画審議会で、岡山市北区蕃山町1番地区で予定されている市街地再開発事業の案が承認されました。

柳川交差点北東角に当たる約2800平方メートルの敷地に、18階建ての高層棟と6階建ての低層棟からなる延べ床面積約2万3500平方メートルの施設が建設され、マンションや子育て支援施設、事務所・店舗などが入居する予定となっています。

また、同日の審議会では岡山市北区駅前町1丁目地区で予定されている市街地再開発事業の案も承認されており、いずれも2019年度中に都市再開発法に基づく再開発組合に移行したい考えとのことです。

再開発が予定されている蕃山町の地区は柳川交差点に面した立地の良い場所ですが、現在は写真のとおり規模が小さく老朽化したビルや駐車場となっていますので、再開発により大きく景色が変わることになりますね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アパホテル新館とホテルリブマックス岡山

2019/03/02 15:29
画像
新館が増築され、タワーパーキングができたアパホテルです。新館の土地は以前は駐車場でした。
画像
こちらは旧本館側です。旧本館の改修も検討されているようです。
画像
ホテルリブマックス岡山の外観です。ここも以前は駐車場でした。
画像
ホテルリブマックス岡山の周辺の状況です。西側沿いの立地です。

ICOTNICOT(旧ドレミの街)のホテルアベストグランデ岡山、建設中のホテルリブマックス岡山西口、スーパーホテル岡山駅前(仮)については既に当ブログでも書いていますが、岡山市内では他にも2018年11月19日に下石井でアパホテル新館が、同年12月15日に錦町でホテルリブマックス岡山がオープンしています。

アパホテル新館は地上7階、全149室の規模で露天風呂・大浴場が設置されており、ホテルリブマックス岡山は地上9階、全89室の規模となります。いずれのホテルも岡山駅から徒歩約8分程度の好立地となっています。

岡山駅周辺では昨年からホテルの新設が相次いでおり、駅から遠く設備の古いホテルは苦戦を強いられているところで、宿泊料の相場も下落傾向にあるようです。以上に加えて、岡山ビブレ跡地や駅前町・野田屋町の再開発地区などでホテルの新設が計画されているところで、今後の岡山のホテル動向が気になるところです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


岡山市北区桑田町にスーパーホテルが、駅元町にホテルリブマックス岡山西口が建設中です。

2019/03/01 16:35
画像
ホテルリブマックス岡山西口の建設予定地です。ホテルリブマックス岡山と同じく大和ハウスの施工となっています。
画像
ホテルリブマックス岡山西口の周辺の様子です。建設予定地は以前は駐車場でした。

現在、岡山市北区駅元町でホテルリブマックス岡山西口の建設工事が進められています。岡山国際交流センターの一つ南の区画となります。既に同ホテルの公式サイト上でも2019年10月25日オープンの予定で発表・掲載されています。規模は先行して岡山市北区錦町に2018年12月15日にオープンしているホテルリブマックス岡山と同程度で、9階建て約80室程度となりそうです。岡山駅から徒歩で約5分の好立地で高速バスのターミナルにも近く、人気を集めそうです。



画像
スーパーホテル岡山駅前(仮)の建設予定地です。以前は室賀ネジ機工所有の5階建てアパートがありました。

こちらの岡山市北区桑田町では、スーパーホテル岡山駅前(仮)の建設工事が進められています。建設予定地を所有する室賀ネジ機工が9階建て110室の規模のホテルを建設し、スーパーホテルに一棟貸しをする形式となるようです。2020年春のオープン予定で、同ホテルの特徴である大浴場も設置されます。

建設予定地は近隣にアパホテル、ホテルメルパルク岡山、岡山シティホテル桑田町、アークホテルなどホテルが多数立地している地域で、岡山駅から徒歩で約10分の好立地となります。スーパーホテルは岡山県内では倉敷市水島にあるだけですが、大浴場に加えて独自開発の枕やマットレスといった寝具に特徴のある利用者の評価の高い大手ホテルチェーンで、こちらも人気を集めそうです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


森のマルシェ柳川店がオープンしました

2019/02/28 14:55
画像

2月中のオープン予定となっていた森のマルシェ柳川店が2月末日となる本日、ハレクロスタワーの1階にオープンしました。

店舗面積はかなり狭めでコンビニの倍程度です。特に通路が狭く他のお客さんとすれ違うのが大変です。子連れでベビーカーとか押してると苦労しそうです。品揃えは生鮮食品から惣菜、弁当、手作りパンにお酒や生活雑貨まで大体のものはそろっていますが、内容量や種類、メーカーのバリエーションはかなり控えめです。特に生活雑貨の品揃えはコンビニレベルです。

お弁当や惣菜、既製パン、手作りパンは売り場面積が狭く品揃えは多くありません。おそらくコンビニより少ないです。値段はオープン特価で安めのものもありますが、郊外店と比べれば価格設定は高めです。ざっと見渡した限りでは、例えば高級食材や調味料などといった東京の都市型スーパーのような特徴も見られませんでした。

まあ、立地だけが取り柄ですね。使えるポイントカードもローカルなたまルンカードだけですし。


なお、同じく両備グループが経営していたシンフォニービル1階のフレッシュマルシェ シンフォニー店は、本店の開店に合わせて2月24日付で閉店となりました。跡地にはコンビニのローソンが入居するようです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


建設が進む岡山南環状道路の現況

2019/02/15 11:57
画像
大福保育園から瀬戸大橋線の線路までの区間です。
画像
大福保育園から北側の区間です。
画像
瀬戸大橋線の南側の区間です。
画像
岡山市南区藤田の農道から北方向です。

ようやく本格的な建設が開始された岡山南環状道路では、地盤改良工事や高架の橋梁部分の建設が進められています。写真の様子からすると、瀬戸大橋線の線路や大福保育園北側の道路などは高架で越える形になるようですが、肝心の大樋橋西交差点から県道児島線との交差部分がどうなるのかはまだよく分かりません。

国道2号バイパス大樋橋西交差点周辺では立体交差化のための道路の拡幅工事が始まっており、大樋橋西交差点は予定通り初めから立体交差となるようです。そのため、大福周辺の渋滞解消のために一部だけ先行して完成ということはなさそうな感じですので、開通までにはまだまだ時間がかかるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク



−岡山県で弁護士をお探しなら−

〒700-0821 岡山市北区中山下1丁目10-10新田ビル7F
河端法律事務所
TEL:086-238-5473




 当事務所では、ご相談・打合せの際に、できる限り丁寧でわかりやすい説明を心がけており、依頼者の方のご希望にも添いながら、事件の解決に必要となる費用・期間やリスク、それにより得られる経済的利益のバランスを考えた、法律専門家としての最善のアドバイスができるように努めています。初回のご相談の際は、十分にご事情をお伺いした上で回答ができるよう、可能な限り2時間程度の相談時間を確保しています。また、弁護士費用については、不明朗な追加費用や預り金が発生することのないよう適切な見積もりと会計を行っています。

 一般的な弁護士では取扱いが難しい事件などを受任することで、都市部での弁護士アクセスを改善するため設立された都市型公設事務所と、弁護士がほとんどいない過疎地での弁護士アクセスを改善するために設立されたひまわり基金法律事務所で合計8年間勤務して得た多種・多様な経験と知識を活かして業務に取り組んでいます

 そのため、様々な分野の事件に豊富な経験と実績があるだけでなく、不動産、登記や建築に関する事件については、司法書士・マンション管理士資格を保有していることから特に注力しています。また、これまでの消費者法分野での経験から、特商法や消費者法等に関連する紛争について事業者の方からのご相談にも対応しています。

 法的紛争の解決や予防でお悩みの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。講師・講演のご依頼もお受けしています。

詳しくは河端法律事務所のホームページ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kawabata-lo/index.html
をご覧ください。


※ご相談・ご依頼の秘密は厳守いたします。当事務所をご利用いただく際に紹介は不要です。※



岡山の弁護士河端武史のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
Copyright (C) 2013-2017 弁護士河端武史(Kawabata Law Office) All Rights Reserved.
文字サイズ:       閉じる