山陽放送(RSK)新本社。

北側より。
P_20201020_112007.jpg

南側より。
P_20201014_152649.jpg

JR岡山駅から移設された岡本太郎作「躍進」。
P_20201014_152235.jpg


2018年12月19日に起工式が行われ、2020年初夏の竣工予定で旧後楽館高校跡地に建設が進められていた山陽放送の新本社ですが、建物自体は完成となったようです。元々は竣工と同時に一般向けスペースの一部をオープンする予定とされていた記憶なのですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあってか現状オープンに向けた動きは特に見られません。山陽放送の業務開始自体は元々2021年度とされていましたので、これからといったところでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ー河端法律事務所についてー

当事務所では、ご相談・打合せの際に、できる限り丁寧でわかりやすい説明を心がけており、依頼者の方のご希望にも添いながら、事件の解決に必要となる費用・期間やリスク、それにより得られる経済的利益のバランスを考えた、法律専門家としての最善のアドバイスができるように努めています。初回のご相談の際は、十分にご事情をお伺いした上で回答ができるよう、可能な限り2時間程度の相談時間を確保しています。また、弁護士費用については、不明朗な追加費用や預り金が発生することのないよう適切な見積もりと精算を行っています。

一般的な事務所では解決が困難な事件を中心に取り扱う都市型公設事務所や、弁護士がほとんどいない過疎地の公設事務所で長年勤務してきました。そのため、地域密着で本当に困っている人の力になりたいという考えで日々の業務に取り組んでいます。

借金・債務整理(特に破産・個人再生)の分野については、破産管財や住宅ローン特別条項付個人再生を初め、法人の債権者破産など特殊なものも含め、これまでに法人・個人含めて800件以上の事件を単独で取り扱い、解決してきました。さらに、弁護士登録直後の2005年から、全国的な過払金返還請求の集団訴訟に参加し、テレビ番組のインタビューを受けるなど、長期にわたる経験と実績があります。

また、司法書士・マンション管理士の資格を保有しており、不動産・登記や相続に関する事件、企業法務にも注力しています。

法的紛争の解決や予防でお悩みの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。